超加工食品って知ってますか?

数年前から、週刊誌やネット等で「食べてはいけない食品リスト」とかが出回っていますが、そのリストに入っているのは大抵が「超加工食品」です。超加工食品ってすごい名前だと思いませんか? 食品の分類だそうですが、大量生産されて包装されたパン、包装された甘/塩味のスナック、大量生産された菓子、炭酸飲料や加糖飲料、ミートボールやチキンナゲットなどの保存料を用いた加工肉食品、カップ麺、冷凍食品、常温保存可能な加工食品、その他家庭で使わない調味料や添加物を加えた食品等の事です。簡単に言うと「砂糖や塩、油を多く含み、保存料などが添加されて、包装されており、保存期間が長い食品」ということになりますが、コンビニで売ってる食品は、ほとんどが超加工食品にあたりそうですね。


フランスで2009年~2017年の8年間で約10万人を対象にした大規模な食事記録調査があり、超加工食品とガンの発症との関連性を調査したものです。調査によると、食事における超加工食品の割合が10%増えるとガンのリスクが12%上昇するという結果がでたそうです。


一日の内でどれくらい超加工食品といわれているものを、食べているんでしょうか?考えてみれば結構多いですね。加工食品や清涼飲料水、スナック菓子とかも時々食べたりしますし、ファミレスなんかでは加工食品を温めて提供しているだけの所も多そうですし・・・


特に若い時は健康とか考えてなかったので、どうでしょう、一日の50%以上は超加工食品だったのではないでしょうか。その上、コーラや缶コーヒーを飲んだり、スナック菓子を食べてたわけですから、ガンの発症リスクは60%以上上昇していたかもしれません。


なんか考えるのが嫌になってきました。最近は自宅で調理する事が多くなってきましたが、それでも10%くらいはあるのかもしれません。


超加工食品以外にも、何々は食べてはいけないとかいう話はいくらでもあるので、一体何を食べたら良いのか、わからなくなります。


あまりそんな事ばかり考えていると、それがストレスになって別の病気になりそうなので、あまり深く考えない事にしていますが、できる範囲で自然に近い食材と思われるものを選んで食べるしかないようですね。


人間の身体は長くても数年で体の細胞やら骨やら全て入れ替わってしまいますが、口に入れたもので出来上がっているわけですから、変な物ばかり食べると、変な体になるのは間違いないと思いますね。


多摩動物園のワラビー


7回の閲覧

©2019 by (株)エーケイアイ