花粉の季節ですね。

毎日の花粉の飛散が気になる頃ですね。発表によると今年は去年より少なく前年比60%だそうなので、少しはマシになりそうです。約7年前にアレルゲン検査結果をしたのですが、10年前の検査結果と比べると全ての数値が低くなっていますが、ハウスダストやダニ関係はクラス4という事でしたが、今でもハウスダストを吸い込んだりすると軽い喘息みたいな反応があるので、今検査してもそれなりの結果が出ると思います。


さて花粉症ですが当時の検査結果によるとスギに対してクラス2程度の反応があるということでした。ただし、ここ30年ほどは花粉症というほどの症状が出たことがありません。さすがに飛散量が多い日なんかに戸外にいると、目が少し痒く感じたり、鼻がムズムズしますが、あんなトゲトゲの花粉が目や鼻につくのですから、何も感じない方がおかしいですね。私の場合は今のところ幸いにもそれ以上の症状が出ていません。


以前は花粉症は誰でもいつ発症するかわからない病気だと言われていました。個人個人に花粉に耐えることのできる容量のようなものがあり、毎年花粉に晒らされていくうちに、いつかはその容量をオーバーする時がやってくると。オーバーした時点で花粉症になってしまうとか。でもこの説は間違いであったという話でしたから、今までなっていない人もいつかは必ず発症するというわけではないので、それほど不安に思う必要もないようです。


症状を緩和する方法は色々出回っています。抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤を飛散前から服用していくというのが代表的