ラッキードクダミ。

今の時期はドクダミが最盛期です。

公園でも密集している姿を見る事ができます。ポツンポツンと白い花(実際は花ではく総包という一般的には萼片といわれているところらしいのですが、ややこしいので花と呼んでおきます)を咲かせています。


普通は写真右のように白い花びら(萼片)は4枚なのですが、たまに5枚や6枚のもあってラッキードクダミと呼ばれているそうです。少し探してみましたが左のようなものは2%くらいの確立で見つけることができるので、それほど珍しくもないのかもしれません。


写真左のものは5枚目、6枚目の花びらが小さいのですが、ネットでも見ると他の花びらと同じぐらいの大きさで5枚、6枚の花弁をもつものもあったので、この花のラッキー度は少し低いのかも。


そういえば私が小学生のころよくドクダミ茶を飲まされました。ドクダミは十薬といいますから十の薬の効能を併せ持つというような意味だったのでしょう。当時はこの時期になると庭に大量のドクダミが自生していたので、それを採取後乾かしてお茶にしたものです。なぜ急にそんなお茶を作る様になったのかは忘れましたが、苦い思い出です。(^^)


ドクダミの生薬としての効能はいっぱいあって、解毒作用や皮膚を綺麗にする効果、動脈硬化、高血圧等にとても効果的だといわれています。もしかしたら私が軽いアトピーだったせいかもしれませんね。


それにしても、今日は暑かったですね。湿度がそれほどでもなかったの助かりましたが、去年の夏を思い出しました。早目の水分補給が必要です。


ただし腎臓が弱い人は水をたくさん飲むと腎臓に負担がかかりますので、暑い時はあまり動き回らないほうが良いでしょう。



ドクダミ

1回の閲覧

©2019 by (株)エーケイアイ