ストレスに対処する簡単な方法

病は気からといわれますが七、八割がたは精神的なものがそのきっかけになるのではないかと思っています。でもストレスが全くない生活が良いのかと言えばそういうわけでもなく、人類は誕生以来、常にストレスと同居してきたわけですから、ある程度のストレスにさらされているのが通常の状態であるといえます。


困難下で発奮して努力するとか、思いがけず力が出たとかいうのはストレスの良い側面です。


しかし人間は常にバランスが必要な生き物ですから、常に強いストレスがかかった状態が継続すると病気になってしまいますし、ストレスが無い状況が続くと活力が無くなってしまいます。


なので精神的なストレスばかりが多い現代ではストレスと上手く付き合う事が必要となります。


そこで簡単な対処法ですが、深呼吸が非常に効果が高いといわれています。なんか拍子抜けするような内容ですが、それでも深呼吸をお勧めしたい。いろんな対処法が世に出ていますが、一番シンプルで誰にでもできる呼吸が一番効果が高く簡単だと思うからです。


呼吸法といういい方をすると色んな流派があってややこしく構えてしまいそうになるので、簡単に深呼吸としました。何か嫌な事があったら、胸式でも複式でもどっちでも、とにかく自然に任せて深呼吸をしてください。


基本的には鼻から吸って口から吐く、それだけでOKです。そんなに力を入れなくてよいのですが深く大きく呼吸をしていると悩みが薄れていくのを感じることができます。落ち着いてきたら、今度はゆっくりと鼻から吸って鼻から吐く呼吸に変えてみてください。その時の呼吸はできるだけ自然でゆっくりと細長いものを意識して。


簡単ですよね!

これでストレス対策はバッチリだと思います。


「内なる治癒力」スティーブン・ロック+ダグラス・コリガンより引用すると

ハーヴァード大学医学校の心臓病学者ハーバード・ベンソンがいうには、医師の意のままにあやつれる技術や薬品の蓄えだけでは、人間の病気のせいぜい四分の一を治せるにすぎない。残りはまったく治らないか、または自己完結性の、つまりひとりでに治ってしまう疾患なのである。


Photo by Matthew Henry on Unsplash

5回の閲覧

©2019 by (株)エーケイアイ